ブログカテゴリ:ライト級



中国人選手 · 2017/12/07
武術学校で散打を学び、中国の名門・大東翔クラブに入門。 最先端のテクニックを叩き込まれると、すぐさま中国のトップファイターまで上り詰めた。 サウスポースタイルから繰り出す切れ味鋭い攻撃は“妖刀”とも呼ばれ、世界の強豪からも次々と勝利を収めた。 今年年2月の初代ライト級王座決定トーナメントでは変幻自在のファイトスタイルで佐々木大蔵、クリスチャン・スペトゥク、平本蓮に勝利して王座獲得。 6月の初防衛戦ではゴンナパー・ウィラサクレックを激しい打ち合いの末に下し、王座防衛に成功した。 「K'FESTA.1」では自ら対戦を希望する卜部功也との防衛戦が決まった。[2017年12月7日現在]